1. HOME
  2. 事業案内
  3. 消防設備・防災対策
  4. 消防設備点検

消防設備・防災対策

設備設計から施工、消防点検や電気点検も対応

消防設備・防災対策

消防設備点検

消防設備点検(スプリンクラー・自火報・誘導灯等)

消防設備等の設置義務のある防火対象物の関係者は定期的に点検し、その結果を定期的に消防機関に報告することを義務付けられています。
(消防法17条の3の3)

当社で設置した施設はもちろん、既設の消防設備も対応可能です。

点検の種類と期間

消防用設備等が「設備や機器」としてきちんと機能するかを点検し、報告する制度です。

機器点検 6か月に1回

消防用設備等の機器の適正な配置、損傷等の有無、その他主として外観から判断できる事項および機器の機能について外観からまたは簡易な操作により判断できる事項の確認。

総合点検 1年に1回

消防用設備等の全部若しくは一部を作動させ、または当該消防設備等を使用することにより当該消防設備等の総合的な機能の確認。

報告の期間

特定防火対象物 1年に1回(飲食店、百貨店、旅館、ホテル、病院など)
非特定防火対象物 3年に1回(共同住宅、工場、倉庫、事務所など)

最新実績一覧

消防施設一覧